歯のクリーニングなら大垣市の水谷歯科医院へ

0584-78-4026

予防歯科

予防歯科について

むし歯や歯周病に「ならない」予防診療

当院に来られる患者さまが、治療目的ではなく予防のために通院されるというのが理想です。生活習慣の中で予防を実践していただき、地域の皆さまの口の中が健康であってほしいと願っています。
予防歯科を担うのは主に歯科衛生士ですが、特に歯周病予防を担当する衛生士は適格な診断力と高い技術が必要です。
そのため、当院では教育とトレーニングを担当する専門的な歯科衛生士を採用し、能力の向上に努め、臨床歯周病学会の認定を受けています。歯科医師だけではなく、専門的な知識と経験を持ったスタッフを配置することで、予防処置はもとより、カウンセリングや検査、定期健診などへの対応ができ、医院内で総合的な歯科医療を行うことが可能です。

予防の種類

むし歯予防

むし歯を予防するためのポイントは歯磨きの習慣と食生活の見直しです。
口の中をきれいに保つことは最も有効な予防であり、そのための正しい歯磨きを学ぶことと実践することが大切です。また、子どもの時期は甘いものを好みます。甘いものは控えるべきですが、それはあまり現実的ではありません。そこで注意したいのが、食べる習慣です。いわゆるダラダラ食いと言われるような食べ方が最もよくありません。むし歯のリスクを正しく理解し、それを防ぐための習慣づくりが大切です。

歯周病予防

「大人になれば歯周病」そう言い切れるくらい歯周病は多くの人が持っている病気です。
国民的生活習慣病と言っても過言ではありません。放置すれば大切な歯が抜け落ちてしまい、悪化すれば歯を支える骨(歯槽骨)まで蝕まれる恐ろしい病気が歯周病です。それでも多くの人は普段の歯磨き以上の予防を行わないのが現実です。ひどくなってから慌てるのではなく、適切な予防で歯周病に「ならない」ことが大切です。

一人ひとりに合った健康ノート

むし歯と歯周病予防には
「継続的な検診」が必要です

当院では来院された一人ひとりに健康ノートを作成しています。
レントゲン写真、口腔内写真、診断結果を基本としたファイルに、その人に合った歯の磨き方や治療方法、メモ、メッセージを挟み、診療開始時より口の中の健康状態を確認し続けるとともに、予防に必要な情報を記録することが目的です。
お口の中の健康が安定している方は6カ月ごと、間を開けずに歯石を取ることが必要な方は3~4カ月ごとが通常ですが、中には毎月来院される方もいらっしゃいます。お子さまの場合は基本的に3カ月ごとの検診です(一部保険適用外の場合があります)。

予防を通して
子どもたちの成長を支えていきたい

お子さま専用の健康ノートは、ご家族の方にも見ていただけるように工夫しています。また付き添いの方に説明するだけではなく、お子さま自身に、治療や毎日の歯磨きについて説明をさせていただきます。
学校や家庭以外で話を聞くことで、社会性を身につける機会も提供できれば素晴らしいと考えています。お子さまの健康を家庭で守ることが大切であるのと同時に、私たちも予防を通じて子どもたちの成長を支えていきたいと願っています。