歯周病治療なら大垣市の水谷歯科医院へ

0584-78-4026

歯周病治療

歯周病について

成人の8割が歯周病とも。
予防の大切さを知ってほしい

国民の生活習慣病としても認知されている歯周病ですが、その怖さや予防可能であることを理解している人が少ないのも事実です。
私たちは、歯周病の怖さをお伝えするとともに、効果的な予防が可能であることを知ってもらえるよう努めております。
歯周病の治療とはどんなことをするのか?いつから始めればよいのか?水谷歯科医院の考え方は?基本的なことから最新の情報まで、まずは歯周病について知ってください。そして、検診から始めることがあなたの大切な歯を守る第一歩になります。

このような症状ありませんか?

  • 歯磨きをしたときに歯ぐきから血がでる
  • 歯ぐきが腫れている
  • 口臭がきつい
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯ぐきが下がってきた気がする
  • 口の中がネバネバする

歯周病を疑う、少しでも気になる症状があれば診療を受けることをお勧めします。

歯周病治療の開始時期

歯周病治療はいつ始めたらいいの?

歯周病は腫れや痛みなどの自覚症状がほとんどなく、自覚症状が出たときにはかなり進行している場合が多いのが特徴です。
「歯の裏側がザラザラする」「口臭が気になる」「歯ブラシを使うと出血する」など、このような時は一度診療を受けることをおすすめします。
時々患者さまに「どうしようもなくなったらまた来るから、その時はお願いね」と言われます。しかし、どうしようもなくて来られたときには、私たちにもどうしようもない場合が多いのです…。
家庭での上手な歯磨きと、歯科医院での歯の根のお掃除(初期治療)を、継続的かつ定期的に続けることで、9割の方はお口の健康を取り戻すことができています。

症例

写真はかなり進行した歯周病の症例です。
歯が長く見えますが、歯が長いのではなく歯周病により歯ぐきが痩せてしまっています。
また、歯ぐきだけではなく、歯を支える骨(歯槽骨)もなくなってきています。残念ながら抜歯をしなくてはいけません。ここまでくると顎の骨にも影響してしまいます。
気になることがある方は一度ご相談ください。

治療方法

クリーニング

まずは口腔内のお掃除やブラッシング指導など歯周病の初期治療を行います。効果的な歯磨きの方法を知ることはとても大切です。そして、歯についた歯石や粘着性のあるバイオフィルムを徹底的に除去します。部分的に歯周病が進んでしまったところはさらに治療を進めます。
患者さまの進行状況によりますが、最善の治療を行うよう努め、治療中にも適切な歯磨きの指導など定期的なサポートを行います。

歯周外科治療

歯の根に付着している汚れや歯石を徹底的に除去するフラップや、減ってしまった骨の代わりに人工の骨を添加し骨の量を増やす歯周組織再生療法と呼ばれる手術法があります。
いずれも麻酔をしますので、手術中の痛みを心配する必要はありませんが、進行した重度の歯周病では、残念ながら抜歯が避けられない場合もあります。

内科的対応

歯周病に有効とされるお薬は何種類かあり、初期治療や手術との併用で効果を上げることができます。
あくまで外科的な治療をバックアップする役割であり、お薬を使うことで予防しなくてよいということはありません。
何より予防を続けるという意識を持ち続けることが最も重要であることに変わりはありません。

不安を取り除き、患者さまに最適な治療を行います

水谷歯科医院では、上記で紹介した方法を織り交ぜ、患者さまにとって最も適切な治療を行います。具体的な内容は診療室でもしっかりと説明致しますが、不安に感じることは何でも質問してください。不安を取り除き、まずは今ある歯を守ることから始めます。
しかし、残念なことに歯周病が進行して歯を失ってしまった場合、既存の歯を生かして抜けた歯を補う「ブリッジ」や「部分入れ歯」、「インプラント」という選択肢があります。お気軽にご相談ください。

糖尿病と歯周病

糖尿病と診断されたら早めに歯科へ

糖尿病と歯周病の関連をテレビなどでも目にすることが多くなりました。糖尿病患者の歯周病にかかる割合は、健康な人の2倍と言われ、糖尿病患者の歯周病を歯科で管理することで、糖尿病自体が改善されることもわかってきました。
ただ、進行が早く治療への反応が悪いこともわかっているので、糖尿病と診断された時点で早めに歯科で歯周病の治療を始める必要があります。