小児矯正なら大垣市の水谷歯科医院へ

0584-78-4026

小児矯正

小児矯正について

良い歯並びは一生の財産です

小児期に正常な顎の発達が妨げられると、顔の形が左右均等にならない、歯列、噛み合わせの異常という影響があります。
この状態を放置すると、持久力や集中力の低下、顎の関節の痛みや肩こり、腰痛などにつながる場合があります。
当院では、床矯正装置やトレーナーを使ってお子さまの顎の発育をサポートしています。

口腔成育

お口の中を健康に育てる「口腔成育」

当院では口腔育成を行っております。
口腔成育とは、子どもたちを健康に育てるために「お口の中を健康に育てる」という考え方で、お口の成長を支えることが本当の意味での「育てる」ということだと考えております。
従来の矯正治療では12~15歳の治療開始が最も良いといわれてきました。これは並びきれなくなったときに抜く歯(第一小臼歯)が11~12歳頃に生えるためです。しかし、もしその時までに上下の顎を正常に発育することができたら、抜歯は不要かもしれません。
結果としての歯並びや噛み合わせの異常を治療するのではなく、上下の顎をその年齢にあった大きさに発育させるようにサポートします。

口腔育成に悪影響を与えるクセや悪習慣

  • 舌を前に出す
  • 柔らかい食事が好き
  • 指を吸う
  • 口呼吸
  • 前歯で噛まない
  • 姿勢が悪い

習慣は改善できますが、癖は直すことが難しく、そもそも癖に気付かず
直す意識がない場合もあります。意識して直すようにしましょう。

症例

指を吸うクセで、前歯が斜めに生えてしまいましたが、
クセを直すと少しずつ歯列が改善してきます。

あごの正しい発育と良い顔は一生に関わる
大切な問題です

歯を並べるだけではなく、自分で噛む刺激で「良い顔」を作ることも目的としています。正しい噛む刺激のため、発育不足の顎を10歳頃までに治療することが重要です。
女の子は14~15歳、男の子は16~17歳で顎の発育が完了しますそれまでに正しい顎の成長をサポートしておきましょう。