大垣市の歯医者「水谷歯科医院」

治療方針

診療科目

医院のご案内

お問い合わせ

水谷歯科医院ホーム > 医院のご案内 > 院長ってどんな人?

〒503-0876 岐阜県大垣市俵町62アクセスマップTel. 0584-78-4026

水谷歯科医院の院長

ごあいさつ

院長の水谷 雄(みずたに ゆう)こんにちは、院長の水谷 雄(みずたに ゆう)です。

平成2年に父親の残した歯科医院を継ぎ20年が過ぎました。
開業までの17年間は、東京医科歯科大学の歯学部付属病院でお口の中にできる病気の治療にたずさわってきました。
17年間の大学病院勤めの中で、信じがたい事ですが、私は一度も歯の治療をしたことがありませんでした。
しかし大学病院では数多くの病気の治療と研究に忙殺されました。
長いようであっという間の17年間でしたが、歯科は決してむし歯の治療や入れ歯を作るだけの仕事ではないという事を学びました。

口腔内にはむし歯や歯周病以外にも多くの病気が発症します。
そしてその原因はお口の中にだけあるのではなく、全身の状態と深く関わっています。
実際、歯肉出血から白血病を見つけたことも1度や2度ではありませんし、抜歯後の出血から肝臓病や高血圧の治療をアドバイスしたこともあります。
また傷の治癒状態から糖尿病の悪化を疑ったこともあります。
そして原因は明らかではありませんが、舌や頬の粘膜、歯肉、アゴの骨の中にも腫瘍性の病気が何種類もできます。
さらに、アゴ関節の疾患、外傷、変形症や先天性の疾患など、ここに書ききれない多くの病気が口腔、顎、顔面にできます。
これらの数多くの経験から、歯科は口腔に発症する疾患をその治療対象とする科、すなわち口腔科そのものであるという思いを強くしました。

開業してからも、治療前の血圧測定で血圧の高いことが判明し、高血圧の治療を始められた方が何名もいらっしゃいます。
そして今はむし歯や歯周病の予防に力を入れ、一生自分の歯で噛める人生を送って頂けるように日々努力していますが、口腔科医として疾患に取り組むというスタンスは、今も私の診療のバックグランドとして流れ続けています。

院長の略歴

治療中
院長 水谷 雄(みずたに ゆう)
生年月日 1948年(昭和23年)生まれ
出身地 岐阜県大垣市
詰め物を削っています 打ち合わせ
略歴 S42年 大垣北高等学校卒業
S48年 日本大学歯学部卒業
S48年 東京医科歯科大学、第1口腔外科学教室入局
S52年 文部省教官助手任官
S61年 同 講師
H1年 退官
少しリラックス
資格 歯学博士(顎・顔面・口腔外科)
口腔外科認定医(No92)
患者さまと
学会歴 日本口腔外科学会/日本口腔科学会
口腔病学会/日本癌治療学会
頭頸部腫瘍学会
動注癌化学療法研究会
日本顎顔面補綴学会
関西ヘルスケア歯科談話会
日本先進インプラント医療学会

院長の趣味など

一眼レフカメラと望遠レンズ カメラを持って

趣味は主にアウトドア全般ですが、
中でもカメラがお気に入りです。
フィルム時代からカメラは持っていたのですが、
デジタルになってからは、
こんなレンズまで買っちゃいました(笑)

カメラをかまえる 撮影した写真アルバム 撮影した写真 撮影した写真
RICOHのカメラ

↑自然や動物の写真が好きでよく撮ります。

普段は←のような
コンパクトなカメラを使っています。
RICOH(リコー)というメーカーのカメラです。
これだけ持ってふらっと
撮影に行くこともあります。

院内に飾ってある写真は、私が撮ったものです。
大きな望遠レンズで野鳥を撮影することが楽しいです。
バッチリ撮影できた時の満足感は大きいです(笑
珍しい生物や、美しいと感じた風景など選んで飾っています。
少しでも皆さまに楽しんでいただければ幸いです。

院内に飾ってある写真
受付の前にあるスペース 院内に飾ってある写真
院内に飾ってある写真 院内に飾ってある写真

スタッフから見た院長先生

院長先生ってこんな人!スタッフVerです。
院長先生は、一見取っつきにくいようなイメージもありますが、本当は優しいお父さんの存在です。
何にでも挑戦するバイタリティーと、すぐに行動する瞬発力が大きな魅力だと思います。
それと、すこしこどもみたいなところがあって・・・、そこがとても良いと思います。

院長ってこんなひとです 診療室以外のイベントでは本当に楽しそうにしているのが印象的~。
仕事は厳しいかな、仕事だから厳しいそれは、どんな人でも同じだと思います。
でも、院長先生は信念をもって私たちに接しているからだと思います。仕事に対して実直であるからこそだと思っています。 それが伝わってくるから素敵なんでしょうね。
患者様にもまっすぐ向き合ってるからこそ長いお付き合いを頂けてると思います。
何より、私たちスタッフが長く一緒に働いている事こそが答えだと思います。
キレイな言葉だけで語るのでは無く本当の人の魅力を伝えられれば、院長が取り組む医療が伝わると思います。 私たちスタッフもその魅力を感じて着いて行ってます。